お気楽セミリタイアへの道~Like a Snowball

先進国株ETFと中国株による配当金雪だるま式投資で、セミリタイアを目指すアラフォーです。

徒然・雑感

バンガードジャパン代表ディビッド・サーマック氏とモーニングスター朝倉氏の対談

バンガードジャパン代表ディビッド・サーマック氏とモーニングスター朝倉氏の対談がUPされています。

10分程の動画ですが、長期・分散・低コストの大事さをあらためて確認できます。

尚、現在視聴回数30回です(笑)

 


黒田総裁の任期は2018年4月まで(あと1年8ヶ月)

7月29日に日銀が追加緩和を発表し、ETF年間買入額3.3兆円→6兆円となりました。
がしかし、打ち過ぎて効かなくなったモルヒネのごとく、株は反応せず、逆に円高が進む事態になっています。

黒田総裁(現在71歳)の任期は2018年4月8日であと1年8ヶ月です。(再任は可能ですが)

2013年4月9日 黒田総裁就任
2013年4月 バズーカ1
2014年10月 バズーカ2
2016年1月 マイナス金利
2016年7月 ETF3.3兆円から6兆円へ  ←いまココ

2018年4月 黒田総裁任期切れ(再任の場合は最大あと5年)


これまでは、バスーカ1から数えておよそ1年~1年半毎に大規模な緩和策を投入しています。
仮にマイナス金利の次の大規模策、もしくは転換点があるとしたら、2017年前半頃でしょうか?
(その転換点は物価目標2%→1~1.5%程度への見直しかもしれません。)

そしてその1年後である2018年4月に任期を迎えます。(その時点で73歳)
尚、安倍総裁の任期は2018年9月まで(今の党則では延長なし)です。

安倍氏と凡そ蜜月でやってきた黒田総裁にとって、後任へバトンを渡すタイミングとして2018年4月は最良に思えます。

今から1年8ヶ月後の黒田後に備え、そろそろ警戒が必要になっている気がします。

SBI証券が米国株式手数料を値下げし、マネックスと同水準へ

嬉しいニュースです。

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=corporate&dir=corporate&file=irpress/prestory160708_01.html


米国株手数料について、SBIはこれでマネックスと並び業界最低水準になります。

ネット証券各社の米国株式手数料比較



約定代金毎の新旧手数料(1ドル=100円で計算)



新手数料における約定代金の閾値はコチラ(1ドル=100円で計算)



ネット証券各社の競争は、国内株手数料→外国株特定口座導入→外国株手数料へと移行しています。
利用者としては嬉しい限りで、楽天証券もきっと黙ってはいないでしょうから、これから三つ巴の競争が始まる予感がします。

それはともかく、SBI証券さん、今回の手数料値下げ、ありがとうございますm(__)m

マルキールからのメッセージ「投資のタイミング」

セゾン投信さんのYouTubeで公開されています。

   



そんな、マルキールさんが、著書「ウォール街のランダム・ウォーカー(第11版)」で提唱している年代別ポートフォリオがコチラ。

上図は、マネックスさんのHPからの引用です。非常に分かり易く示してくださっています。


ところで、アラフォーの自分のポートフォリオを見てみると、こんな感じ。

上図の「その他」は不動産(REIT)を表します。
株式比率は少し高いですが、今のところマルキールさんのオススメ通りです。
当面はこのまま維持しようと思っています。


自己紹介
名前 雪だるま

年齢 40台前半

性別 男

居住 東京都内で一人暮らし(独身)

職業 会社員

趣味 資産運用、断捨離、節約

目標 お気楽セミリタイア生活

主力銘柄 1557、1550、VOO
follow us in feedly
↓米国株投資家、インデックス投資家↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

最新コメント

メッセージ

名前
メール
本文
タグクラウド
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
よく読むブログ