区切りのいい金額に達した時期を改めて調べてみました。
(カッコ内は前の金額からの経過月数)

100万円  1999年4月
1,000万円 2005年12月(6年8ヶ月後)
2,000万円 2012年1月(6年1ヶ月後)
3,000万円 2012年12月(11ヵ月後)
4,000万円 2013年10月(10ヶ月後)
5,000万円 2014年11月(1年1ヶ月後)
6,000万円 2016年11月(2年後)
7,000万円 2017年7月(8か月後)

運よく米国市場の好調を受け、1,000万円増加に要した期間は最短の8か月でした。

相場の好調もありますが、固定費削減(家賃減額、格安SIM使用、保険解約等)が、じわじわ効いているのを実感しています。

「人生は雪玉みたいなものだ。必要なのは湿った雪と長い長い坂だよ。」
このバフェットの言葉を噛みしめ、種銭を増やすことに集中し
これからも堅実に節約→投資→節約→投資を繰り返していきたい。