お気楽セミリタイアへの道~Like a Snowball

先進国株ETFと中国株による配当金雪だるま式投資で、セミリタイアを目指すアラフォーです。

2015年10月

私の財産告白(2015年10月末)

私の財産告白(by本多静六)です。(2015年10月末時点)

保有株数(口数)です。



続いて評価額です。



10月の買い増しは以下。
・eMAXISバランス(8資産均等型)を1,000円分
・1557(SPDR500)を6株、約15万円分

10月は大きく回復してくれました。
今後も低コスト生活に磨きをかけ、雪だるまの芯を大きくしていきたいと思います。


「みっともなく生きる」これが富裕層への近道だ

PRESIDENT Onlineの記事です。
http://president.jp/articles/-/16400

共感というか理解できる部分が多い記事なので、備忘として書き留めます。

どういった人が貯蓄しやすいかというと、「会社では決して本流の出世街道とはいえない人や公務員の人」などのように、年収が上がることはあまり見込めないにしても、倹約をすると決めこんだ場合に、その節約が帰属集団や自分のアイデンティティに与える影響の比較的軽微な人です。

会社ではいわば傍流の人が最終的に財をなしています。

その理由としては、
(1)鬱憤を投資で気を紛らせる
  仕事面であまりはかどっていない不満を投資に向けて気を紛らわせている。
(2)「負け組」の唯一の活路
  みんなと同じ普通の生き方では、もう取り返しがつかないところまできている。
(3)時間があり余っている
  重圧のある職責を任されることがなく、残業もそこまでハードではないため、投資に割く十分な時間がとれる。

そして核心はこれ↓
「富裕層になるまでは言い訳はやめて、みっともなく生きる」
必要最低限の費用以外はすべてそぎ落とした生活費にすることは、都落ちすることでもないし、恥ずかしいことでもない。ちょっとした勇気と周りにどう見られるかを恐れない心さえあれば可能なのです。
これが、富裕層への道なのです。

加えて、興味深い考察として、
生活レベルを落とせない人は自ら転落する。
貯蓄額に大きな影響を与えている要因は、僕らが当たり前に予測できる年齢、性別、扶養家族の人数、以外に2ポイントあります。
ひとつは「教育レベル」、もうひとつは「準拠集団(家族や地域、職場など)と比較した経済状態」です。

統計的な調査によれば貯蓄額は学歴が上がるにつれて、「増加」ではなく「減少」するのです。また、教育程度が高いと、買い物が増える傾向は女性に顕著に現れています。
教育レベルが上がれば上がるほど、「ステータス志向が強く、自己顕示や地位のための消費行動に走りやすく」「自分が属したいと思う上位の準拠集団についていこうと熱心」になります。

準拠集団よりも自分の経済状態が悪い場合に貯蓄額は激減し、準拠集団よりも自分の経済状態が良い場合には逆に貯蓄額は増加するというものでした。そして、その影響は「教育レベル」や「扶養家族の人数」が貯蓄額に与える影響をも超えるとても大きなポイントでした。
自分より貧しい人に囲まれて生活する分にはどんどん豊かになっていくけれども、自分があこがれていたり、こうなりたいと思っていたりする上位集団に囲まれて無理してついていけば、表面は華やかに見えても貯金はどんどん減っていくということです。

まとめると、上位集団に囲まれて無理してついていって華やかに見られるようなことはせず、富裕層の多く住むエリアなんかに住まずに自分より貧しい人に囲まれて生活し、必要最低限の費用以外はすべてそぎ落とした生活費にすることで、富裕層に近づけるということ。

尚、「教育レベル」と「準拠集団と比較した経済状態」が貯蓄額に影響を与えることは、統計的にも示されているそうで、下の本が詳しいとのこと。面白そうなので読んでみたいと思います。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の投票期間は11月1日~11月30日です。

今年も、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」が開催されます。

今年は何に投票しようか思案中ですが、
私のこれまでの投票履歴は、

(2014年)
・eMAXISバランス(8資産均等型)(0331111A)に3ポイント
・MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550.T)に2ポイント

(2013年)
・eMAXISバランス(8資産均等型)(0331111A)に3ポイント
・MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550.T)に2ポイント

(2012年)
・SPDR S&P500 ETF(1557.T)に1ポイント
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(96311073)に1ポイント
・Vanguard Total World Stock Index ETF (VT)に1ポイント
・iShares S&P Global Consumer Staples (KXI)に1ポイント
・上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677.T)に1ポイント

(2011年)
・SPDR S&P500 ETF (1557.T) に5ポイント

(2007年~2010年)
・皆勤で投票してるはずですが記録が残ってませんでした(泣)


主催者さまにおかれては、毎年の開催は大変かと思いますが、
ぜひ今後も続けていただきたいと思います。

配当金・分配金の記録(2015年9月)

9月迄の株式・ETFからの配当金・分配金の記録(税引後)です。
(2014年と2015年で比較)



9月迄の累計は、
2014年が 305,593円
2015年が 416,202円(前年比136%)

頂いた配当金・分配金で再投資を行い、
コツコツと雪だるま式投資を続けていきます。
自己紹介
名前 雪だるま

年齢 40台前半

性別 男

居住 東京都内で一人暮らし(独身)

職業 会社員

趣味 資産運用、断捨離、節約

目標 お気楽セミリタイア生活

主力銘柄 1557、1550、VOO
follow us in feedly
↓米国株投資家、インデックス投資家↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

最新コメント

メッセージ

名前
メール
本文
タグクラウド
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
よく読むブログ