お気楽セミリタイアへの道~Like a Snowball

先進国株ETFと中国株による配当金雪だるま式投資で、セミリタイアを目指すアラフォーです。

2015年07月

配当金・分配金の記録(2015年7月)

7月までの株式及びETFからの配当金、分配金の記録(税引後)です。
2014年と2015年で比較しています。
201507配当
7月までの累計は、2014年が203,393円、2015年が303,064円。
頂いた配当金は再投資に廻し、コツコツと雪だるま式投資を続けていきます。


配当金で中国株(上海A株)を購入

保有している中国株の配当金が少し貯まったので、下げのきつかった上海A株を2銘柄購入(約3万円分)。
以下は備忘としてのメモ。

・北京キャピタル(7月9日。100株×約定単価10.46元→円換算約21,500円) 
・中国工商銀行(7月22日。100株×約定単価5.27元→円換算約11,200円)

北京キャピタル(北京首創)は、廃水処理、上水道建設の北京市政府系企業。配当利回り1.21%。
中国工商銀行は、中国最大の商業銀行。配当利回り4.88%。

これで保有する中国株は19銘柄になりました。
わたしにとって中国株はコア・サテライト戦略のサテライト部分なので、半分趣味のつもりで個別銘柄を集めています。

バンガード、ノーロード投信の日本販売強化

7月20日の日経新聞電子版にこんな記事がありました。
米国最大の投資信託運用会社、バンガード・グループは販売時に手数料を取らないノーロード投信の日本拡販に乗り出す。アベノミクスによる環境変化を好機と 判断した。ウィリアム・マクナブ会長兼最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に対し、直販や提携による販路の拡大をめざす意向を示した。
「当社は昨年、米国本社のリテール販売部門のトップを、日本法人の代表に任命した。日本法人を東京・千代田区の永田町に移し、規模を拡大した。直販や提携を軸に日本の事業拡大に備え、体制を整えつつある」
「日本では証券会社が相当な額の手数料を取る。ノーロードを重視する当社はこうした販売体制に参加するつもりはない。投資家との利益相反を避けるのが難しいからだ。いずれ日本の市場にも変化が訪れる日が来ると信じている」
とういことで、具体的な開始日時は書かれていないですが、直販や提携による販路拡大を目指すとのこと。
ん!?直販!!!
金融機関の口座を増やすのは管理が面倒になるのでイヤですが、バンガードの直販口座なら喜んで開設しますよ!

ネット証券各社が外国株の特定口座対応を開始したり、このバンガードのニュースであったり、昨年あたりから個人の投資環境が飛躍的に向上しています。

また、日本でのバンガード直販開始は過去最大級の黒船来航なので、記事に書かれているような日本の証券会社の販売手法も大きく変わるかもしれません。

バンガードの日本での大暴れに大いに期待して、続報を待ちたいと思います。

ポートフォリオ点検(2015年6月末)

2015年6月末時点のポートフォリオです。
myindex20150630

6月は米国株ETFを少し買い増したが、比率にはほとんど影響なし。

7月は、騒がしくなってきている上海株を少し買うつもり。
とりあえず北京首創という国営インフラ系企業の株に約2万円分注文入れてます。
週明け買えるかな?
自己紹介
名前 雪だるま

年齢 40台前半

性別 男

居住 東京都内で一人暮らし(独身)

職業 会社員

趣味 資産運用、断捨離、節約

目標 お気楽セミリタイア生活

主力銘柄 1557、1550、VOO
follow us in feedly
↓↓米国株、中国株の投資家たち↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
最新コメント

メッセージ

名前
メール
本文
タグクラウド
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
よく読むブログ