トランプ相場の好調を受け、幸いにも資産が増加しています。

そこで区切りのいい金額に達した時期を改めて調べてみました。
(カッコ内は前の金額からの経過月数)

100万円  1999年4月
1,000万円 2005年12月(6年8ヶ月後)
2,000万円 2012年1月(6年1ヶ月後)
3,000万円 2012年12月(11ヵ月後)
4,000万円 2013年10月(10ヶ月後)
5,000万円 2014年11月(1年1ヶ月後)
6,000万円 2016年11月(2年後)

スタートの100万円(1999年4月)から見て
最初のキリ番である1,000万円までは、6年8ヶ月。
次の2,000万円まではそこから更に、6年1ヶ月。
相場の低迷もあって合計で約13年費やしました。

2012年からは運よくアベノミクス&黒田バズーカに遭遇し、資産も増加しました。

「人生は雪玉みたいなものだ。必要なのは湿った雪と長い長い坂だよ。」
このバフェットの言葉を噛みしめ、
これからも堅実に節約→投資→節約→投資を繰り返していきたい。

資産推移を振り返ってみた
資産推移を振り返ってみた~その2